Snow Bowl から伝説は始まった

全てはここから始まった…6巡目199位指名の伝説はニューイングランド・ペイトリオッツの魂となりその魂と共にペイトリオッツの応援に命を捧げる男のブログ

不運な男の去り際

NEの魂ブレイディとともにドラフトの低評価からスターになったトニー・ロモが引退を決意した

 

ロモといえば必ずつきまとう不運な男のレッテル

今回の引退も不運な印象はある

 

 

ロモのこの決断には感銘を受けた

どういう理由であれロモはカウボーイズの一員として現役生活を終えた

 

 ロモの心の内はわからない

でも、私はロモは偉大なるアメリカズ・チームの一員としての去り際を重視したのだと思う

いや…そう思いたい

 

 

葛藤はあったに違いない

まだ現役を続けたいとも思っていただろう

それでもロモの引退という決断はどこかロモの美学の様なものを感じずにはいられない

 

 

 

最後まで不運との戦いだったロモ

だからこそ今回の引退は寂しい印象が強い

それでもロモの現役生活は華やかだった

 

そんなロモに大きな賛辞を私は送りたい

 

 

 

 

お疲れ様、ロモ

今後のロモの活躍に今一度期待している

パスの嵐を吹かせたあの頃

少し前の2010年代前半はNEといえばパスオフェンス編重型のチームだった

 

まあ、理由は色々あったけどOFはブレイディ任せな感は強かった

 

 

 

何が言いたいかと言うと改めて昨日のAPに興味を示しているというニュースの話がしたい

 

肩透かし感のある話になりつつあるけど…

契約合意にいかなかったと分かっていてもちょっとだけ期待したいという思いを込めて記事にしたい

まだまだこの話は何かある気がするので…

正直いうとまだこの話が生きていて欲しいという願望を込めて…

 

当時のNEといえばウェルカーをホットターゲットにレシーバー陣の豪華さが目立っていた

ウェルカーへのショートアクロスはランプレイと同じとさえ言われていた

グロンクはレッドゾーンでの脅威

汚点というのかなんというかの人は強くて速いミドルの魔術師

ウッドヘッドはレシーブ上手なセーフティネットだった

 

この頃にそれなりのパワーバックがいればNEのスーパーボウルリングはもう少し増えていただろう

 

ちなみにこの頃のNEのリードバックはマローニーやらグリーンエリスやらリドリーだ

 

マローニーは注目を浴びてドラフト1巡目での入団だったけど怪我が多くてイマイチな印象しかない

グリーンエリスはまさしく堅実そのもの

ファンブルなし、ロスタックルを喰らわない、怪我をしない

三拍子揃った堅実な選手だった

が、ビッグプレイもあまり期待できない

NEらしいといえばらしい選手だったが、如何せん地味だった

唯一、1000ヤードラッシュを超えた年の成績も1008ヤード…

う〜ん…ここまでくると立派

逆にリドリーはというとハマれば強いの典型

まさにグリーンエリスの正反対

ボールは油が塗られているかのようにこぼし、ランを出せばロスかビッグゲイン、怪我は常に付き物という選手だった

 

こうやって振り返るとNEはRBにかなり試行錯誤を重ねていたのだなと改めて思う

 

それで呼んできたブラントがグリーンエリスとリドリーの中間みたいな選手

ようやくベリチック閣下も答えに辿り着いたようだった

 

 

そんな中でAPの話が湧き上がってきて思った

 

“ホントはチームのエースを張れるリードバックが欲しかったんだな”と…

 

この話はAPのフィジカルがどの程度のものかで話の結末が決まるだろう

フィジカルにOKサインが出ればNEが獲得しない理由はないだろう

APとしてもNEのオファーを断るだけの何かがあるかは正直疑問だ

 

APはお金のためにあと数年しかないと言われる選手生命をかけるか

それともスーパーの資格を取る権利を選ぶかの選択をすることになる

 

 

これは両者にとって賭けだ

そして、想像以上にドラマチックな賭けになるだろう

 

このドラマの結末をしかと見届けたい

 

 

このドラマのおかげで空気となりつつあるブラントのためにも…

地上戦はいかに??

FA市場が解禁して早々はジャンジャカ動いたペイトリオッツ

マルコム長男のNO訪問以来はほとんど動きなし!!

 

なんてON/OFFの切り替えが早いんだ!!

と思いながら2、3週経って久しぶりのニュース

 

APことエイドリアン・ピーターソンがNEを訪問するとのニュース

 

 

 

実際、ピーターソンの加入はあるのか??

十分あり得るでしょう

ベリチック閣下はRBのベテラン選手を安く契約して回すのが大好きです

さらにピーターソンがNEで、というかスーパーボウルをと考えてる可能性は高い

 

ましてや32歳という年齢を考えればNFLの世界でRBだと旬は当の昔に過ぎていると言われる年齢

ここで今シーズンスーパーボウル大本命のNE声がかかったとなればピーターソンにとって魅力的な話というもんでしょう

 

ピーターソンのキャリアを考えればプレーオフの実績だけが満たされていないと言える

そこでキャリア晩年になってプレーオフを狙える以上のスーパーボウルを狙えるとなれば多少の減額はのむ可能性高い!!

 

…かもしれない!!

この辺はピーターソンがどう折り合いを付けるか

ここで契約が決まればブラントは放出だろう

 

久しぶりに市場を注目するニュースとしては面白い

 

今後のNEの市場での動きに注目しよう

ちょっと気になるレイダースの話

私は去年のシーズン、シーズン前からオークランド・レイダースに注目だと言っていた

今更なんだそれだけどねww

 

とりあえず今日は閑話休題

ペイトリオッツ以外のチームを取り上げる

 

 

ちなみに来シーズンはタンパベイとテネシーの2015ドラフト1位・2位QBコンビの躍進を予想している

 

特にTBはいよいよ戦力の駒が揃ってきた感がある

今シーズンは2015ドラフトコンビに期待だ

 

 

 

話は変わってレイダースだが、浅からぬ因縁の相手…

このブログのタイトル通りレイダースは切っても切れない縁だ

 

そして、レイダースが強くなると10年間言い続けた身として去年はちょっと嬉しかった

 

 

そして、今オフ…

なんか面白い事を画策している様だ

 

ビースト・モードことマーション・リンチのNFL復帰を画策している様子

このニュースを聞いて私は単純に面白いと思った

ぜひ観てみたいなとww

 

まずリンチとOAKの相性だがいい具合にフィットするだろう

OAKのデレク・カー、クーパー、クラブツリーの長距離砲は言うに及ばずだ

そこにリンチがリードバックとしてチームに加入したらかなり効果的な攻撃陣を形成出来ると思う

 

リンチの良さはパワーランだ

だけども、リンチはスイングやセーフティネットのパスをキャッチする能力に秀でている

むしろそこをもっと生かしてもいい選手だと思う

 

つまりのところただのリードバックではなくてオールマイティな選手だ

 

あとここが鍵かもしれないがリンチはOAKが地元だ

大学もカリフォルニア大学

生粋のベイシティっ子だ

地元凱旋で活躍したい気持ちもかなり強いのではないか??

 

 

 

そして何よりOAKはOFラインが強い

リンチにとっては好条件が目白押しだ

 

 

 

今後は復帰に向けての話し合いが進むのを期待したい

ブレイディのユニフォーム見つかる!!

ちょっとばしか前に記事にしたブレイディのユニフォーム失踪事件

解決した様です

 

https://nfljapan.com/headlines/17341

引用記事

 

 

本ブログでは最後にテレビで映ったシーンを取り上げた

ひとまず解決した事にオメデトウゴザイマス

 

 

 

そして、見つかった場所、容疑者はというとどうも常習犯くさい…

 

記事からははっきりわからないが49回スーパーボウルのユニフォームも見つかったらしい

他にもブロンコスのヘルメットも見つかっているとの事

 

まず、ブロンコスのヘルメットは記念すべき50回大会の誰かのものではないだろうか??

自論予想ではマニングかボン・ミラーのではと思っている

(追記:ヘルメットはやはりボン・ミラーのものとの事)

 

 

 

そしてその容疑者とはメキシコの新聞社の元役員らしい…

 

 

 

なんという無礼者…

もし本当なら職権乱用を通り越してかなり悪どい

立場を利用してスーパーボウルの記念品をコソコソとかき集めるなんて…

 

 

 

 

羨ましい!!!

ってのが本音だww

その場にいたら欲しくなるよね〜

でも、ちゃんと本人にそれは確認しよう

黙って、コッソリはダメですよ

 

何はともあれ見つかって良かった

これで晴れてブレイディのユニフォームはフットボール殿堂に飾られるだろう

 

 

観に行かなければならない名所がまた増えてしまった…

 

 

 

容疑者はまだまだ余罪がありそうな気がするので正しい持ち主に返されることを願う

 

欲しいのはよく分かるけどね

そういう悪い事して集めたコレクションには価値が無いよと改めて実感した

やっぱりハイタワー…そうさハイタワーさ

ベリチック&NEのフロント陣がミッションを完遂した。
まずは素晴らしい!!ありがとう!!と称賛の言葉を捧げたい

 

 

 

今オフFA選手の中で最重要人物であったLBのドンタ・ハイタワーと再契約した
ディフェンスリーダーであり己のタックルセンスで試合を変えられる稀有な選手
LBの中でも目立ちにくいインサイド、ミドルを主戦場とするハイタワー
彼のタックル&サックにどれだけNEは助けられたことか

そんな彼が戻ってくる
長期契約延長を結んで戻ってくる
連覇に向けて視界良好だ

 


契約内容は4年$43.5Mの$19Mの保証契約
ディフェンス陣のスターは揃った
期待せずにはいられない

リーグ屈指のディフェンス陣といっても過言ではないだろう

 

 

 


ようやく落ち着きつつあるから来季の戦力の整理を…
まだ不確定な陣容もチラホラだけど…

 

 


DLは若手成長株のDTブラウンにDEフラワーズが核
脇を固めるベテランDTブランチと再契約、さらに今年を期待させる活躍をしたDTバレンタインもいる
ここにLBとのハイブリット起用も可能なニンコビッチにトレードで獲得のDEイーリーも
ここまで戦力を揃えるとは…
デプスが厚い!!厚すぎるぞ!!
これからはNEのもう一つの看板になる事が期待できるだろう

 

 

LB陣は今日残留が決定したハイタワーがもちろん中心
去年途中加入で才能の片鱗をみせたOLBのバンノイ
ラインをジャンプオーバーしてのFGブロックをみせたILBマクレーリン
ロスターカットボーダーながら要所での活躍が光ったLBロバーツ
フロント7には人材目白押しだ
今シーズンはいくつのスーパープレイを魅せてくれるのだろう
今から楽しみでしょうがない!!

 

 

セカンダリーには今オフ大注目のCBギルモア!!
現在は我らがセカンダリーエースのCBバトラーとのタンデム
ここはまだ分からないのだが例えパートナーが違えど期待しかない
できればバトラー&ギルモアのタンデムが見たいが…
もしもの場合のドラフト戦力にも期待したい

Sには堅実、安定、万能潰し屋が顔を揃える
ルーキー時代からそのフィルムスタディの姿勢を評価されFSにコンバートされたマコーティ
一度は武者修行の旅に出るも帰還後に改めてSSとして堅実な働きをするチャン先生
スターター2人でヘルプできないOFは現状ATLぐらいだろう
そこに万能セカンダリーのハーモンも市場から戻ってくる
現在お年を召してきている陣容ではあるが今がバリバリの旬
リチャーズ等の若手の突き上げには期待だがここも弱みは少ない


お待ちかねオフェンス陣は説明の必要がないか…

 

QBは誰もが羨む超厚厚デプス
押しも押されぬ現役最凶スーパーボウルリングコレクターQBのブレイディ
俺の両手に全部リングをはめたいんやと言わんばかりの闘争心&技術
まだまだ衰え知らずの40歳に見えているのは連覇のみか
長老ブレイディを支えるは若手最高評価も過言ではないQBガロポロ
ここはまだ予断を許さないが2人揃ってシーズンを迎えればこんな起用もありじゃな
い??
前半は愛弟子ガロポロ、後半はレジェンド・ブレイディ
ありや…ありやで!!ベリチック閣下!!

 

 

QBを支えるWRの陣容はもう豪華絢爛煌びやか
レシーバーエースはもちろん太き、強き雑草WRエデルマンだ
ドラフト時の色々な理由で7巡目指名も上り詰めた
今年のスーパーボウルではミラクルを魅せた
もうエデルマンなしのNEは考えられない
ディープターゲットは影のように走り時計のように正確なWRホーガン
移籍初シーズンから多くのWRを苦しめたNEのプレイブックを攻略
チームの信頼も厚いことこの上ないだろう
数少ない白人ディープターゲットとして今年の活躍も期待せずにはいられない
新加入のWRクックスも忘れてはならない
一時代を築いたブランチやウェルカーを彷彿とさせるルートラン
そこに持ち前のアジリティ能力で移籍初年度からの活躍は必至か??

さらにはゴリゴリのディープスプレッドの力これをは期待せずにはいられない
能力は疑いようはないがこのデプスで存在感を示せるのかWRミッチェル
場合によってはマルコム二男に昇格する
ルーキーながらそのシュアなキャッチングスキルを魅せてNEの武器に
今年のWRの層が厚いだけにここで存在感を示せればスターダム必至だろう
今年は勝負の年!!生え抜きWRの久しぶりの成功がファンは見たい!!
最後はNEの掃除屋っぽくなってしまったが実力十分、実績十分のWRアメンドーラ
ビッグゲームになると突如存在感を発揮するベテラン
困ったとき、相手を出し抜きたいときに必ずターゲットになる
秘密兵器にして最終兵器、地味ながらもその活躍は華やか…補佐だけど…
活躍の場はさらに限られてくるだろうがアメンドーラがいるかいないかは作戦の幅に直結する
ベリチック閣下…WRの層が厚すぎますよww

 

 

RBは今のところブラントの処遇が不明
しかし、レシービングバックはたんまりと…
1番…エースにRBルイス…
2番…スーパーボウルキャッチャー…RBホワイト
3番…新加入…バークヘッド
……野球か!!
どの選手も非常に優秀、キャッチ上手、万能性十分
この中のだれかをファーストオプションにしてもいいぐらいの能力だ
ここにブラントが再合流すればここも安泰だろう

 

 

TEは戦力に疑いはないが怪我が最大の敵
補強はINDからトレードで加入のTEアレン
レシービングもブロックもそつなくこなす万能型
去年のベネットのような活躍が十分期待できる…怪我がなければ…
ランブロックもパスブロックもお手の物
その万能性はもちろんベリチック好み
一つの仕事じゃ満足できないんだよねぇ〜…なチームにジャストフィット!!
やはりNEはダブルTEがよく似合う
グロンク&アレンのダブルパンチに期待だ
もちろんエースはNFLアンタッチャブルの代名詞TEグロンコウスキー
怪我さえなければマンカバーでは抑えられない…まさにアンタッチャブル
エンドゾーンでの存在感はもちろん3rdロングもグロンクがいれば何とかなる
もう説明不要の現代TEの目標到達点、怪我だけはお願いします
今シーズンはヘルニア手術後なのでシーズン序盤戦は本調子とはいかないだろう
だが、エンジンがかかればその爆発力で一気に駆け抜けてくれる
くれぐれももう一度言います…怪我だけは気を付けてください…お願いします…

 

 

OLは正直陣容がまだまだ不確定
昨シーズンのユニットが健在であれば問題はない
しかし、層は薄いのは否めない
ドラフトでの集中補強と所属の若手による突き上げに期待だ
心配なのはLTだ…ソルダーに不満はない
だが、ソルダーが不在になった場合フォローはできるのか…
今年のドラフト候補のT陣に少しスケールの小ささを感じるだけに不安
どうか、ソルダーに怪我のない事を祈る
他にはGチューニー・メイソンは今年は成熟の年
去年同様の固いパスプロテクトに力強いランブロックを期待だ
Tは先のソルダー・キャノンには引続き安定感光るブレイディ神の守りを
スーパーボウルではATLの守備陣にやや苦戦したがそれは昨シーズンの話
ともに力に申し分はないので引続きの安定感を期待している

 

 

 

だらだらと長くなったが今シーズンは連覇がかかる重要なリーグイヤー
期待がグツグツと湧き上がる陣容を準備し続けるフロントに感謝

 

スーパーボウルに進出して連覇を見届けるためにまた年休を取得したいと願っている

FAマーケットが追えない…

追えねぇ〜!!

今年のペイトリオッツのオフの動きは多いのと以外過ぎるのとでマジで追えねぇ〜!!

 

 

 

…と言ってるうちにサイトを覗くとRBをCINより獲得している
CINからレックス・バークヘッドをFAで獲得した
バークヘッドは少し注目していた選手だけに嬉しい

 

バークヘッドは私のイメージではレシービングバックだ
レシーブもランもそつなくこなす
ランはどちらかといえばドロー気味なプレイで出ていたイメージがある
キレのカットバックより大外から回り込むタイプのように思う

かつていたウッドヘッドに似たタイプだと思っている

名前も似てるしね


そう考えるとホワイトやルイスの保険なのかなとも思う
ベリチックは好きだなぁ〜…こういうタイプのRB

 

実は私はファーストオプションにしても面白いと思っている

さらに極端な考えではエデルマンの後継者にしても面白いと思う

バークヘッドはSTポジションでのスラントでいい動きをしていた

なかなか面白いと思う

 

ともあれホワイトやルイスのレシービングバックの層を厚く出来たのはNEにとって大きい

 

 

そうこうしているうちに今度はマルコム長男だよ…

NOと面談が控えているとの事…

 

 

ドウシテコウナッタ…

 

…とは言わないけどやっぱりショックはショックだよね〜 

だってペイトリオッツファンはバトラーへの思入れが強いじゃん

スーパーボウルを文字通りもぎ取ってくれたし…

しかもドラフト外やで??

 

掘り出し物採掘大好き球団の最たる例じゃん

 

まぁ…マルコム長男は制限FAだからバイバイする時はNEにお土産を置いてってくれるけどね

 

制限要項はドラフト1巡目指名権のテンダー要項

だからNOとマッチした場合はNOの1巡目指名権がNEに入る

 

常にプレーオフに出ているNEでは珍し過ぎる高順位が来るわけだ

これはもうマルコム長男の恩返しでしかないよね

 

だからバイバイの時は寂しいが笑顔でガンバ!!って言うしかない

 

 

しかし、前の記事でも書いたけどコレはもう指名権のトレードアップだよなぁ〜

よく考えるよね…NEフロント陣とベリチックは…

 

即戦力候補のクックスを獲得してさらにトレードアップまで出来る可能性を見出すなんて…

正直バトラーのトレードの話が出た時はあぁ〜…やらかしかけてるよ…って思ってた

 

でも、これでNOのオファーシートにNEがマッチすればバトラーへの期待を表現出来る

もし、マッチしなくても1巡目指名権が順位が上がって戻って来る

 

 

ナニコレ??ドラフト指名権の錬金術??

しかし、本当に恐れ入る…

それと同時にビジネスライク感にも背筋を冷やされる

 

 

それともう一つ…

今年のNEの補強は本当にやらしい…

 

目立つのがAFC所属のチームからの戦力補強だ
既にプレーオフのライバルと思われるチームからバシバシ戦力を補強している
TEはトレードでアレンをINDから
DLはBALからFAでガイを
RBはCINからバークヘッドを
という具合にかなりAFC所属チームに寄っている

 

これはもう狙いすましての戦力補強に思う

しかも、ピンポイントに今後3年ぐらいは安泰するように補強している

自らを補強すると同時に相手チームで戦力になりうる選手を狙い撃つ…

 

したたか過ぎる!!

ともあれWRにRBにTEとOFユニットは確実にグレードアップしている

 

あと残るはOFラインユニットだ

ここはドラフトでの補強を考えているのだろう

今までベリチックになってからオフにOFラインの補強はあまりみない

ほとんどがドラフト指名での補強で2〜3年ぐらいをかけてじっくり育てていくイメージだ

今年も去年のチューニーの様なベリチック好みの選手がいるのだろう

 

また少しドラフトに興味が湧いてくるとともに寂しい思いをするだろう

 

 

だが、やはりバトラーの動向には細心の注意を払おう

まだまだどんな結末になるかわかったもんじゃない

 

なにしろこのオフの中心人物はあのベリチックなのだから