読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Snow Bowl から伝説は始まった

全てはここから始まった…6巡目199位指名の伝説はニューイングランド・ペイトリオッツの魂となりその魂と共にペイトリオッツの応援に命を捧げる男のブログ

ついに来てしまったか…バトラーのNO訪問予定情報

ついに来てしまった…

この時は遅かれ早かれとは思っていた…

 

 

バトラーのNOの訪問予定があるみたいだ

近日、バトラーはNOと面談を持つ予定らしい

 

ここで気になるのはマルコム長男の制限FAの条項だ

マルコム長男のバトラーには1巡目テンダーが付いている

NOのオファーシートにNEがマッチしなければNEにNOの1巡目が巡ってくる

 

知ってはいたが抜け目がない…

クックスをトレードで獲得してトレードアップと同じ効果を発揮させるとは…

 

このテンダーでNEに巡る1巡目指名権は11位

この順位なら人材豊富な今年のドラフトではかなり良質なセカンダリーが手に入れられる可能性が高い

モックを見ていてもその上の指名権を持っているチームはセカンダリー以外にも問題を抱えているところが多い

 

故に良質セカンダリーが残る可能性は高い

CBにもSにも…

 

NEはクックスに興味があった…

そこにNOがバトラーに興味を示した時にここまで考えたのだろうか…

NEのフロント陣、ベリチックには恐れ入る…

 

 

だけど、NEファンとしてはバトラーには強い思入れがある

出来れば残して欲しいと思う…

けど、NEを知っていればそこにビジネスが関わると情が無いのも知っている…

 

 

この先も目の離せないストーブリーグが続きそうだ…

おかしい…何かがおかしい…

ちょっと今年のペイトリオッツはおかしい…

FA戦線でギルモア獲得したのもそうなんだが…

 

トレードしすぎじゃね??

しかももうドラフトの上位指名権ほとんど残ってないじゃん

 

とはいうものの今年のドラフトに魅力を感じてない可能性も大いにある

魅力がなければもう既にプロの世界で戦ってベリチックのお眼鏡に叶う選手を集めようってのもわかる

 

実利主義のベリチックらしいといえばらしい

しかも獲得している選手はどれも20代でこれからの伸び代も期待できる若手ばかり

 

相変わらず抜け目ないなと思う

 

 

ただ、なんとなく感じるのはガロポロのトレードを視野に入れているのかなというイメージもチラチラと過ぎる

元々、ブラウンズが相当な興味を持っているという情報がある

だけどNEはガロポロがいることに満足してるから出さない予定みたいよってのが大筋の流れであった

 

 

しかし、ここに来てNEはドラフト指名権をネタにバンバントレードを成立させている

NOのWRクックスにCARのDEイーリーを共にドラフト指名権でトレードを成立させている

この結果、あっという間に今年のドラフト1巡目と2巡目の指名権がなくなったww

 

ガロポロを使ってドラフト指名権を一気に獲得ってのがあり得るような気がしてきた

ガロポロにはいて欲しいがドラフト指名権も欲しいのがファンというもの

この先目が離せない日々が続きそうだ

 

 

ところでクックスはまさか来るなんて考えてなかった

エデルマンもそろそろ年を重ねてって感じだから少しは動きがあると思っていた

それでも去年のデプスで見ればWRの層はかなり厚いと感じていた

だから個人的にはフロイドと安価に契約延長してアメンドーラの契約見直しだろうと踏んでいた

 

それがクックスなんてエースレシーバー候補ではあ〜りませんか??

今年のミッチェルの活躍でレシーバーの若返りは今がチャンスと踏んだのだろうか

でも、将来ミッチェルとクックスがコンビのレシーバーの陣容は順調に伸びていけば驚異のデプスになるだろう

 

エデルマンもまだ2年ほどは今の状態で活躍しそうだから今後3年はレシーバーに困らない陣容になったのではと考えている

 

だが今回クックスを獲得したことでアメンドーラは一気にトレード要員と化したと思う

 

アメンドーラはシーズンの成績こそイマイチだ

だが、活躍はといえば他チームに行けば十分No.2レシーバーになれる素材だ

NEは層が厚すぎるから

なんならTEのグロンコウスキーだってレシーバーだからね

そりゃ、シーズンの成績は伸びませんわ

 

だけどそこはNFLの編成屋さん…

よく見てるはず…

特にNEの戦力の余剰を虎視眈々と狙っているチームがあると思われる

ドラフト2巡か3巡位でトレードの可能性は高い

 

 

私の予想では南のあの薄めで最近存在感を強めているチームとか西の濃いめのユニフォームで去年活躍が目立ったあのチームあたりが狙いに来るような気がする

 

共にレシーバーの2番手を探しているチームで核はもう揃っている

更にQBの能力に疑いのないこの2チームはレシーバーで計算のたちやすいベテランの獲得は理にかなっていると言える

 

この2人でドラフトの1巡目と2巡目2つに3巡目を獲得しようとしているように見えてならない

更にはクックスの噂の時にマルコム3兄弟長男もトレード要員的なニュースが流れた

 

ギルモアを得た今、バトラーは是が非でも残さなければいけない選手と考えていないのかもしれない

 

もはやNEのオフ戦略は私の想像が追いつかなくなってしまった

あとは情報をいち早く捉えて頑張って来年の戦力と来シーズンの成績を予想することに集中しよう

動く…市場が動いたぞ!!

大物FAがペイトリオッツにやって来るぞ!!

ギルモアだ!!ギルモアがサインしたそうだぞぉ〜!!

 

信じられん!!

超大物FAのCBだ!!

 

 

少し過去のなんというかなセカンダリーを観ている私…

 

そして今出来上がる…

マコーティ&チャン先生の堅実な最終砦

バトラー&ギルモアの対人ディフェンスならバッチこいの長距離砲潰し

 

なんだこの豪華さは??

半端じゃないぞ??

これはレビスを手にしたあの時の期待を間違いなく超えている…

これを興奮しないパッツファンなら私が成敗してやる!!

 

なにしろ大物FAのCBだぞ??

それを成功と言わずに何が成功だ!?

 

 

鷲巣の白服じゃないがこれを成功と言わずに何が成功だ!?

我らがパッツが築いた20年の歴史の積み重ねが生んだFA補強だ…

 

どんな選手もパッツがスーパーボウル制覇に一番近いと知っているんだ!!

 

でも、我は知っていたぞ…

スノーボウルのあの時に…

あの時に我と同じ世代にとって鮮烈だったのだろう…

 

ちなみに今年のキャップヒットは850万前後との見込み

5年総額 $65Mの契約内容のようだ

 

 

それこそがブレイディとベリチックのなせる技なのだ!!

来年も期待せずにはいられない!!

もう一度魅せてくれ!!

 

10数年ぶりの連覇を!!

 

 

早くも魅せてくれた我らがペイトリオッツ

今後のFA戦線もドラフト会議の駆け引きも楽しみがつきなさそうだ

 

TEアレンに続きFAでギルモア…

これは来年の連覇達成に向けて幸先よく新シーズンがスタートしたと言っていいだろう

 

あとはハイタワーとの契約がキーかな??

 

今後のNEの動きにも注目だ

新戦力はタイトエンド

今日はFA解禁日

いよいよ2017年シーズンの新年が始まる

 

今年は例年になく大物FAの契約延長が目立った

故にFA市場は早くも佳境である

 

残ってるのはほとんどNEがらみ…

これはこれで悲しいものだ

当初はロングなんかは残る可能性が高いと思った

 

だが、今シーズンの自分の身体のキレを感じたのだろう

もう一度スターターを目指して戦いたいとFAを選択した

 

選手なら誰しもスターターを目指したいものだ

仕方ない事

だから頑張ってと応援しておく

 

あまりいいオファーがなければ帰ってきてもいいんだよ??

とりあえず色々と頑張って!!

 

 

そんな戦力の流出が目立ちそうなNEだが新戦力の加入が決まった

トレードでコルツからTEを獲得した

ドウェイン・アレンである

 

これは正直驚いた

なにが驚いたってトレード対価に驚いた

NEが出したのは今年のドラフト4巡目指名権だけ

さらにNEはアレンの他に今年の6巡目指名権を頂いた

 

ベネットの代替としてはお得に手に入れたなという感じである

たしかにアレンは故障の目立つ選手だ

それを引いてもなかなかの取引上手だと思わされる

そこはさすがクラフト&ベリチック

 

オマケとはいえ6巡目指名権ってのは意外と美味しい

掘り出し物採掘が大好きなNEとしてはヨダレが垂れてしまうご褒美だろう

 

アレンが私の想像通りの活躍をしたらベネットの穴は十分に埋めれる

懸念はやはり故障癖だ

グロンクとコンビで故障癖はきつい気もする

 

でも、グロンクにはジンクスがある

3年に一度の健康体ジンクスだ

今年は健康体のバイオリズムの年だ

アレンがグロンクのカバーターゲットとして600ぐらいレシーブしてくれると十分かもしれない

 

健康に越したことはない

アレンよ…去年のベネットを超えるインパクトを残してくれてもいいのだよ

頑張ってくれ

 

そして、グロンクが霞むくらい活躍をしてもいいのだよ

とにかく期待しているよ

 

 

 

そしてもう一つ大事な6巡目指名権

この指名権が増えたのはNEファンとしてはとても嬉しい

なんたって縁起がいい

だって我らがブレイディ神が指名を受けた巡目だ

 

 現在予想される指名順位はよくわからん!!

でも、ブレイディの指名順位に近い!!

これが199位ならこれは運命だ!!

近い故にポケットパサーを狙おう!!

 

まさに棚からぼたもち!!

6巡目からブレイディ神!!

本物のブレイディ2世が生まれるかも!!

 

 

そんなこんなでいよいよオフの戦力補強も熱くなる時期

我らがペイトリオッツは果たして何人の重要FAをつなぎとめれるのか…

ライアン、ハイタワー、ブラント…

出来れば3人が揃って来年も元気に連覇を目指して欲しい

 

その為にはライアン!!

ギルモアとか言わずにライアンも重要参考人や!!

つなぎとめれるのか!?

頑張れ!!

ベリチック&クラフト!!

 

贅沢を言っていいですか??

ギルモアを確保したうえにライアンともマッチしてくれ!!!

これがNEの総意だよ!!

たまには贅沢をしょうぜ!!

 

頑張れ!!ベリチック&クラフト!!

たまにはファンの期待に応えでくれ!!

来年もスーパーボウルを目指そう!!

 

 

願うぜ!!俺が!!

それこそ来年の一歩なんやで!!

ベリチック先生!!

貴方のことは全幅の信頼を寄せているんやで!!

それがパッツってもんやで!!

 

 

 

後は任せた!!

ベリチック&クラフト!!

クリーブランドっていつ戻ってくるんやろうか

NFLの戦力均衡の制度ってかなり細かい

特にサラリーキャップと資金分配はすごい

 

 

どのスポーツもそうだけどチームごとの戦力格差って必ずあるのよね

でも、その格差はなるだけない方が観戦するにはいいんだよね

 

そのためにNFLは色んな制度を取り入れて戦力均衡を目指しているわけ

その中でもNFLサラリーキャップはかなり優れた制度だと思う

 

 

その中でペイトリオッツはこのサラリーキャップ導入後で素晴らしい成績を残している

基本的にはサラリーキャップの支配下で長期政権を築くのは難しいと言われる

だからこそ賞賛される

 

日本ではマンネリだの何だのとアンチばかり増える要因だ

でも、現地ではそれなりに高い評価を受けている

 

 

強くあり続けるチームはもちろん凄い

だが、逆の意味で弱くあり続けるチームも凄い

 

そんな弱くあり続けるチームの代表格として今回はクリーブランド・ブラウンズをあげてみようと思う

 

その中でブラウンズのドラフト指名について考えてみる

 

 

まず、前段階で少しNFLのドラフト制度の説明をする

NFLのドラフト指名は至極単純で理に適っている

 

ドラフトの指名順位は前年成績の悪い方から高順位になる完全ウェーバー制である

前年最下位が1位指名を獲得し、スーパーボウルチャンピオンが32位指名になる

あとは7巡目までの指名は基本的にその順位に従う

 

 

つまり、ずっと弱ければずっとドラフトでいい順位で指名が出来るのだ

だから再建段階に入ったチームもそれなりに指名が当たっていればいずれ強くなると言えるのだ

 

弱くあり続けるには指名が何年も続けてほとんどハズレている必要がある

 

つまりドラフトバストを続ける必要があるという事だ

このドラフトバストに関してはどこかでまた扱いたい内容だ

 

 

今回は簡単にここ10年でせめてこの5人を選択していれば浮上のきっかけぐらいは掴めたのではというドラフト指名を考えてみたい

 

 

 

まず、誰もが思うQBの問題

特にここは肝であるがそれ以上にブラウンズはいくら何でも外し過ぎている

 

パッと思い浮かぶだけでもドラフト1巡目指名でブレイディ・クィン、ブランドン・ウィーデン、ジョニー・マンジールと3人いる

その誰も定着していない

 

そこで特に気になるこの人なんか卑猥な感じがずっとしてたマンジールの指名だ

マンジールは2014ドラフトで1巡目22位指名で入団

そして、早々に役立たずの雰囲気を醸し出す

結果、かなりの役立たずであると今は認定されている

 

この年にマンジールより後に指名されて見事にチームを低迷から脱却させたQBがいる

オークランド・レイダースのデレク・カーである

彼は3巡目指名のため確実に指名できている

 

しかも彼は全くの無援のオフェンス陣でルーキーイヤーに頑張って3勝した

その後も2年目に7勝、3年目の今年に12勝を挙げてプレーオフに復活させた偉い子

その間にレイダースがいい指名を重ねたということもあるけどそれでも立派な数字だ

 

つまりブラウンズでも同じ活躍が期待出来るってもんだ 

コレでオフェンスの核が一つ埋まる

 

 

続いてバーケビアス・ミンゴを指名した2013年のドラフト

ミンゴは今年ペイトリオッツにトレードで放出した

その年の1巡目6位指名権で獲得した選手だ

 

6位指名権があればかなり有望な選手が選べる

なので選んじゃおう

今だからこそww

 

先の指名でQB問題は2016年には解決する予定なのでその相棒を…

1巡目21位指名のディアンドレ・ホプキンスに任せよう

先に入団してカーの負担を減らしてあげて

 

ホプキンスの実力はここ2年の活躍で十分な説明になるだろう

能力には申し分ないけど問題ばかり起こすゴードンとはおさらばしよう

QBとWRで若手のホットラインが出来ればその2人でなんとか年間3勝くらいは持ってこれるでしょう

 

 

コレでなんとかオフェンスの核ができる目処はたった

では、そろそろディフェンス陣に着手していこう

妄想ドラフトで!!

 

とりあえず、今年のシーズン中にペイトリオッツのエリートLBのコリンズをトレードで入手している

コリンズをLBの核にするとして守備隊形を何にするか…

 

個人的には今年の1巡目で指名したダニー・シェルトンはいい指名だと思う

というわけでこの2人を核にしよう

さらにいうならこの2人なら3-4でも4-3でも高レベルで適応できそうだ

 なら決まりだフロント7はハイブリッドだ

 

 

では、どこに目をつけようかな??

と言ってももう目はつけてある

この年だ…2012年の1巡目指名権を二つ手にした時だ

しかも3位と22位指名権というリッチな!!

 

まずは3位指名でトレント・リチャードソンの指名てフレッチャー・コックスを指名

 

ドンタリー・ポーでもいいのだがより機動力があるコックスがハイブリッドには合うと思う

というか現在のNo.1のDTと私は思ってる

 

巨体に似つかわしくないスピード

十分エッジラッシャーも可能と判断している

そしてなによりそのアグレッシブなマインドが気に入っている

 

コックスなら器用にハイブリッドの役割をこなすだろ

 

 

さて21位のウィーデンの指名権で誰を選ぼう…

これも決まってる…てかハイブリッドを考えた時点でこのチームの選手が必要だ

 

25位でペイトリオッツに指名をうけたドンタ・ハイタワーにチェンジ!!

 

 

ハイタワーはILBもOLBもソツなくこなす万能型LB

また怪我に強くはないが欠場が少ないし、好不調の波が小さい

こういう選手がユーティリティな活躍をしてくれるとチームとしてはかなり助かる

 

 

故にフロント7はシェルトン&コックスのモンスターDTでプレッシャーを与える

後方からコリンズ+ハイタワーの万能型LBで漏れてきたオフェンスを確実に仕留めるという形で守備を構築する

 

フロント7でガッツリ攻める重量級ディフェンスが完成

 

最後に2011年の指名権でリチャード・シャーマン取っちゃえばもう余裕じゃん

だってCBがシャーマンとヘイデンのコンビだよ

シーホークス並みじゃんww

 

 

コレでなんとかブラウンズも再生されるだろう

というかAFC屈指の強豪になりそうだww

 

 

こうして妄想して改めてわかったのだが…

ブラウンズの指名ってその年のいい選手指名してるんだけど結果的に逆の指名ばっかじゃん

 

 

 

やっぱりブラウンズが浮上するにはスカウトを補強するのが一番効率が良いんでない??

ブレイディのユニフォームの行方

ブレイディのスーパーボウル時着用のユニフォームが行方をくらましてからそれなりに時間が経った

このまま時が経てば有名事件の一つと登録されるだろう

 

 

 

 

ボヤ〜っとスーパーボウルを観ていたらなんかあった

f:id:j12stockton:20170227230951j:image

この左側がブレイディ

右側の人が持っているのがブレイディのユニフォーム

ブレイディの12番が見える

 

 

そしてコレがその人

f:id:j12stockton:20170227231242j:image

正直なとこ誰だかわからん

チームスタッフであるのは間違いないのだけど…

タイトエンドコーチのブライアン・ダボルに似ている

 

これがテレビ中継で映った最後のブレイディのユニフォーム

この人に一度事情を聞いてみよう

 

 

ま…この後に紛失したんだろうけどねww

でも、この人が持ってたらちょっと笑えるww

 

 

あまりにも騒ぎになり過ぎて言い出せなくなっちゃってたら誰かが助けてあげなくてはならない!!

是非、アメリカの人!!

追跡調査を!!

気になる気になるストーブリーグ

最後にドラマチックで燃え上がった今シーズン…

いよいよブレイディ様は伝説となるらしい

一緒にマルコム3連星の長男マルコム・バトラーも少しだけ…

 

 

どうやら、この2人の映画化が噂されている模様でww

ま、実際の試合には到達出来ないとは思うけど少し楽しみではある

 

 

 

さてシーズンが終わればやって来るストーブリーグ

オフの契約の季節…

今年のFAの中にマルコム3連星の長男バトラーも含まれている

 

 

主なFAをざっとおさらいして来年の戦力をチョロっと予想してみる

 

 

スタータークラスは

 

・ドンタ・ハイタワー(LB)

・マルコム・バトラー(CB)

・ローガン・ライアン(CB)

・ルギャレット・ブラント(RB)

・マーテラス・ベネット(TE)

・アラン・ブランチ(DT)

 

戦力クラスでは

 

・ダニー・アメンドーラ(WR)

・クリス・ロング(DE)

・ジャバール・シェアード(DE)

・デュロン・ハーモン(SS)

 

……!!?

 

意外と多い!!

とりあえず、これぐらいにしておこう

他にもフロイドとかいるけどとりあえず置いておこう…

 

というわけで今日は守備陣を考えてみる

 

 

こうやって見ると…流出の可能性は高いな

特にDF陣は確実に取捨選択を迫られる

セカンダリーにもフロント7にも満遍なくといった感じか…

 

だが、最優先事項はハイタワーだろう

正直、ハイタワーは替えが利かないと思う

チームリーダーの役割もあるし、怪我こそ多いがシーズンアウトは少ない

プレーオフシーズンには大体いる印象…

 

つまり、怪我してもオフまで頑張る

シーズンインは若干っていう選手

なによりハイタワーがいるかいないかではチームの締まりが違う

 

だからそれなりの金額でも契約しなければ…

だからこそコリンズもジョーンズも外に出したのだ

ここの失敗は許されない

頑張れ!!クラフト&ベリチック!!

 

市場価値は$10M強との評価

個人的には意外に安いなって思い

とにかくさっと契約を済ませて我を安心させて!!

 

 

次に気になるのはバトラー&ライアンのCBコンビ

スターターがいっぺんにというのは正直キツい…

これはもうどちらかの流出は覚悟だ…

 

市場価値の方は…

ライアンが$14M強

バトラーが$10M強とされている

 

このデータ…前にも記憶があるぞ…

アサンテ・サミュエルとエリス・ホッブスの時に似ている

 

あの時は高額が予想されたサミュエルをリリースした

この2人はサミュエルがカバーリングCBでホッブスがマッチアップCBだったと自分は思っている

 

その例に合わせると高額が予想されるカバーリングCBのローガンはお値打ちなら契約を延長でマッチ出来ないとリリースという形だろう

 

故に完璧なシャットダウンCBにバトラーはなるのだ!!

それをペイトリオッツファンは期待している

スーパーでは若干ガブリエルに翻弄されてしまったが期待している

 

ライアンは残って連覇をと思うがサヨナラなら笑顔で見送りたい

スーパーでのフリオ・ジョーンズとのマッチアップはレベルが高かった

影のウィナーは間違いない

これからも応援していくよ!!

 

 

と…ここまでで高額FA候補という事で

 

続いてミッドクラス契約となりそうな選手に…フォーカス!!

 

 

 

まず、気になるのはディフェンスラインの3人

シェアード、ブランチ、ロングの移籍3人組

3人ともなかなか渋いいい活躍をしてくれた

 

この中で一番若いシェアード

活躍も要所でいい存在感だった

だが、一つ気になるは彼の素行

一度遠征に帯同させてもらえないという事件があった

 

これはアダリウス・トーマスの例に酷似している

それにシェアードはまだ若い

サラリーを我慢してってのはちょっと考えにくい

だからリリースの可能性は大だ

 

 

続いてブランチとロングだ

この2人は年齢的にももう一花という選手ではない

むしろ勝てるチームでさらなる栄誉をと考える可能性が高いと思う

 

特にロングはようやく勝てるチームでのプレイだから残りたい気持ちが強くてもおかしくない

 

…のだが、スーパーボウルでフラワーズが活躍してシーズンでもいい活躍していた

というわけでこれまた契約をのむか飲まないかだろう

だが、ロングは$4Mぐらいの契約をのむと考えている

ぜひともベテランの渋い味で活躍してほしい

ラムズ時代の爆発力を蘇らせてくれるとなお良しだ

 

 

ブランチは手薄とはいえマルコム3連星次男のブラウンが十分に力をつけてきている

どうしてもキープしなくてはという選手ではないといえる

 

だが、ブランチの経験は貴重でキープはしたい

という事で$3M〜$5Mで妥協してほしいなぁ…という気持ち

どうせなら一緒に連覇しようよ…ブランチさん

もう一人のペイトリオッツのブランチと同じようにリング3つ手に入れようよ

 

 

という事でハーモンだがハーモンはちょっと厳しいだろう

パトリック・チャンと同じルートでどうよ??

1年外に行ってリリース後に再度合流

チームに必要な人材になっていく

 

正直なところハーモンの市場評価がイマイチわからん

評価がさほど高くなければそのまま再契約もあるのかな??

 

 

という事でリーグイヤー新年度はもう後1週間後

ドキドキしながら待っていよう

 

またいずれ時間があれば攻撃陣も…